MATLABサンプルでPCスペックを検討した

MATLABサンプルを動かしてパソコンのスペックを評価してみた

私は会社でMATLABを導入するにときに、 今あるパソコンのスペックで十分なのかを確認しました。

確認方法はMATLABのサンプルデータを使い、 じっさいにプログラムを動かしてパソコンの動作が遅くないか確認しました。

MATLABのオプションソフトは「Deep Learning Toolbox」 「Computer Vision Toolbox」「Image Processing Toolbox」を 検討していたので、それを評価できるサンプルをいくつか選んで動かしてみた感じです。

主に確認したのは、この項目についてですね。

  • MATLABの入門チュートリアルで出てくる基本的な機能
  • ディープラーニングの学習と認識「Deep Learning Toolbox」
  • 動画ファイルを使った画像処理「Image Processing Toolbox」
  • WEBカメラ画像を使ったリアルタイム画像処理「Computer Vision Toolbox」

サンプルを動かすだけでもかなり有益な情報が得られます。 このサンプルを動かした情報をもとにパソコンを新しく購入しましたが、 今ではストレスなく開発ができています。

少しでも皆様のお役になてれば幸いです。

MATLABサンプルを動かしてパソコン動作を確認してみた

MATLABの基本的な機能を使ってみてどんなパソコンがいいか検討した

入門チュートリアルで出てくる3次元グラフプロットを 試してみました。

また、画像の読み込みと書き込みと、カラーからグレースケールに変換する プログラミングして、ストレスなく動くかを試してみました。

詳細を見る

ディープラーニングで学習してみて、どんなパソコンがいいか検討した

MATLABのディープラーニングのサンプルを動かしてみて、 どんなパソコンがいいかを検討してみました。

CPUのみで十分な場合や、 GPUが必要になるのはどんな場合か、について検討してみました。

詳細を見る

動画ファイルから顔検出してみて、どんなパソコンがいいか検討した

1280x720の30Hzと1980x1080以上の動画から 顔検出して追尾するプログラムを動かしてみました。

解像度の違いでやはり、 選ぶパソコンを変えた方が良いという結論でした。

詳細を見る

ライブビデオから顔検出してみて、どんなパソコンがいいか検討した

WEBカメラから1280x720のライブストリーミングをして、 顔画像検出&追跡を試してみました。

リアルタイム処理というのは… やはり高めのスペックが必要になることを実感しました。

詳細を見る

医療系の3次元画像の表示とセグメント化をしてみて、どんなパソコンがいいか検討した

MRIやCTの胸の3次元画像を3次元構築して、 そこから肺をセグメント化をして表示するというサンプルをやってみた。

業務でDICOMとか読み込む作業が必要なので、 どの程度パソコンスペックが必要なのかを探ってみた。

詳細を見る

部下がサンプル作ってパソコン動作を確認してみた

最適化計算をしてみて、どんなパソコンがいいか検討した

MATLABで二次計画法を使ってみて、パソコンのスペックを検討してみました。

この記事には実際にプログラムは書いてません。 既存のC++をMATLABにした時の違いを評価しました。

詳細を見る

Copyright (C) MATLABパソコンのおすすめスペック. All Rights Reserved.